放射線治療科

このページを印刷する

科の特色

放射線治療を専門的に行う診療科です。インフォームドコンセントを重視し,治療方法,効果,副作用などについて患者さんに十分な説明を行うことを心がけています。他の施設や他科との連携を密にしており,院内の関連するほとんどの科と定期的なカンファレンスを行っています。

対象疾患

ほとんど全ての癌が放射線治療の対象になります。根治目的の放射線治療に加え,集学的治療の一環としての放射線治療や症状緩和を目的とした放射線治療も行っています。

診療内容

主な医療機器として,リニアック,画像誘導放射線治療用CT,治療計画用CT,3次元治療計画装置,小線源治療装置(ラルス),前立腺がん密封小線源治療システムを有しており,放射線治療の対象となる全ての疾患に対して治療を行うことができます。

外部照射では,正常組織への照射線量を最小限にして副作用の少ない治療を目指しており,特に精密な治療が必要な疾患に対しては,画像誘導放射線治療(IGRT)を行っています。本法は,治療直前に病巣部のCTを撮影し,治療位置を微調整することにより,正確に放射線を病巣部に集中させる方法です。

また,体内に小さな線源を挿入する治療として,前立腺がんに対するヨウ素125線源による密封小線源治療,子宮頚がんに対しては小線源治療装置(ラルス)を用いた腔内照射を行っており,いずれも好成績を上げています。また,骨転移の疼痛軽減に有効な治療であるストロンチウム89治療も行っています。

1.放射線治療科のスタッフ

放射線治療科の医師,看護師,放射線技師,クラークです。

2.治療計画室

放射線治療の準備をする部屋

治療計画用CT

治療計画用コンピュータ

3.放射線治療室

放射線治療室(リニアック室)

操作室

4.ラルス室(小線源治療室)

小線源治療室

疾患に対する治療の説明

頭頸部がん 肺がん 食道がん 乳がん 子宮頸がん 前立腺がん 脳転移 骨転移

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分