緩和ケア科

このページを印刷する

科の特色

緩和ケア病棟の入院診療は,現在悪性腫瘍(がん)とHIV(後天性免疫不全症候群)の患者さんを対象にしているため,緩和ケア病棟には症状緩和を必要とするがん患者さんが多く入院されています。痛みや呼吸困難,倦怠感などの身体的な苦痛だけでなく,不安や抑うつなどの心理的な問題,「なぜ自分だけがこんな辛い思いをするのか?」など実存的な苦痛にも積極的に耳を傾けて問題の解決の糸口を探すようにしています。当院の緩和ケアのサービスを受けるすべての患者さんとご家族が,快適で質の高い生活を送れるように,院内の多職種で構成された診療チームで緩和ケアを提供しています。

当院の緩和ケア病棟は,急性期病院で,地域がん診療拠点病院に設置された病院に設置されています。緊急性が高く対処が困難な問題を抱えた患者さんの診療支援を優先しながら,対象となる患者さんが広く緩和ケアのサービスを受けて頂けるよう調整をしています。

また近年非がんの患者さんの緩和ケアの重要性が高まっており,関連する診療科や診療チームと協力しながら支援を行っています。

診療内容

外来

緩和ケア外来では,当院の緩和ケア病棟への入院を希望される場合の相談,通院での症状緩和を希望される場合や緩和ケア全般に関する相談に対応しています。患者さん自身の受診が難しい場合は,ご家族からお話を伺って,問題の解決にあたっています。

入院

20床ある緩和ケア病棟では,緩和ケア外来での対応が困難で入院での専門的な緩和ケアのサービスが必要な患者さんに利用して頂いています。支持療法を必要とする積極的な抗がん治療は,緩和ケア病棟ではなくがん治療を専門にする各診療科や病棟で受けて頂くように調整しています。地域の既存の医療サービスを利用して在宅療養ができるように支援する活動も積極的に行っています。

また長期の療養が必要な場合は,地域の他の医療機関や福祉施設と協力しながら緩和ケアを提供して,専門的な緩和ケアを必要とする多くの患者さんが適切な時期に緩和ケアを提供できるように活動しています。

緩和ケアチーム

緩和ケア病棟の診療を担当する2名の医師,がん診療の経験が豊富な緩和ケアチーム専従の看護師1名,薬剤師1名が中心になって,病院全体のがん診療や支持療法を含む緩和ケアの支援を行っています。緩和ケアチームは,病院内の研修,地域の緩和ケアの普及啓蒙にも力を入れており,医師,看護師,薬剤師など各々の職種を対象にした研修も積極的に行っています。

緩和ケアチームは,がんの診療だけでなく非がんや小児の緩和ケアも積極的に支援しています。またリハビリや栄養の問題,意思決定支援や療養場所に関する情報提供など様々な問題をリハビリ科,栄養科や地域連携科など各領域を専門とする担当部署と情報を共有しながら活動しています。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分