脳神経内科

このページを印刷する

科の特色

脳神経系の疾患は,神経難病という言葉があるように,治らない病気ばかりと思われがちですが,重症筋無力症のようにほぼ完全に寛解に至る病気や,パーキンソン病のように病気自体は治らなくても,初期より治療薬を適切に選択することにより,日常生活の質を良い状態で長く保つことができるようになってきました。また,片側顔面痙攣のように,従来の内服治療では改善が得られない場合でも,ボツリヌス治療により症状を軽くすることができます。

近年,神経疾患に関しても種々のガイドラインの作成・改訂が行われており,当院でもガイドラインに準拠しながら診療を行っています。日本神経学会専門医3名を中心として初診を担当しています。また日本神経学会関連学会の専門医も取得しており,神経内科専門医として脳神経内科領域の疾患すべてに対応可能です。

現在,脳神経内科領域で行うことのできる治療は,当院でもほぼ対応が可能です。

対象疾患

治療対象疾患としては,神経変性疾患(パーキンソン病,脊髄小脳変性症,筋萎縮性側索硬化症,アルツハイマー型認知症,レビー小体型認知症など),免疫性神経疾患(ギラン・バレー症候群,慢性炎症性脱髄性多発神経炎,多発性硬化症,重症筋無力症など),神経感染症(髄膜炎,脳炎など),脳血管障害,頭痛,てんかんなど多岐にわたっています。

診療内容

治療方針

脳神経内科を初診で受診される患者さんの主訴は,しびれ,頭痛,物忘れ,歩行障害,めまい感が多くを占めています。しびれ一つを取っても原因疾患は,末梢神経障害,脳梗塞,変形性脊椎症,多発性硬化症,身体表現性障害など多岐にわたるため,詳細な問診と診察,病巣・病因を推定し,適切な検査計画を立て鑑別診断をし,治療につなげていくというプロセスが必要となります。従って初診では,どうしても長い時間が必要となります。

認知症の治療

高齢者人口の増加に伴い,認知症は確実に増加してきている疾患です。その多くはアルツハイマー型認知症ですが,進行を遅らせたり,一時的に症状の改善が期待できる薬剤があり,今までは1剤しかありませんでしたが,現在は4剤使用可能となり選択肢が増えてきました。早期に診断することにより進行予防,病気の認識,将来に対する対応を考える時間が取れるというメリットがあります。また,治療可能な認知症もありますので,診断の確認や鑑別診断のためにご紹介いただければと思います。

片側顔面痙攣,眼瞼痙攣,痙性斜頚の治療

片側顔面痙攣,眼瞼痙攣,痙性斜頚に対するボツリヌス治療については施行する際に資格が必要で,治療を行っていない施設もありますが,当院の医師は資格を取得しており施行可能です。片側顔面痙攣は手術による根治治療も期待できますが,高齢で手術を希望されない場合はボツリヌス治療の良い適応です。ボツリヌス治療により3ヵ月程度は明らかに症状の改善が期待できます。合併症の心配もほとんどありませんが,効果が3ヵ月程度で減弱するため反復投与が必要です。眼瞼痙攣・痙性斜頚は心因による症状の修飾があるため,片側顔面痙攣のように100%の効果は得られないことがあります。

頭痛の治療

頭痛の多くは一次性ですが,生命に関わるような二次性頭痛もあり,鑑別が必要な場合もあります。また片頭痛から薬物乱用頭痛に至る患者さんが多く,適切な治療と指導により改善が期待できますので,頭痛で困っている患者さんがおられましたらご紹介下さい。

脳卒中の治療

日本脳卒中学会専門医である脳神経内科医が二人となり,脳神経外科と連携を取りながら診療を行っています。発症早期に治療を開始することで後遺症の軽減が期待できる疾患で,今まで以上に脳卒中の治療に注力することができるようになりましたので,ご紹介よろしくお願い申し上げます。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分