内視鏡内科

このページを印刷する

科の特色(消化器内科,内視鏡内科と共通のため,内容は同じです)

消化器内科・内視鏡内科は,共同で,衣食住の食に関する臓器の病気を担当しています。つまり食物の通り道である食道から胃,十二指腸,小腸(空腸,回腸),大腸,直腸までの消化管と食物の消化吸収代謝に関する肝臓,膵臓,胆嚢・胆道,これら消化器の病気(消化器疾患)を担当しています。消化器疾患は病気が非常に多く,そのため検査も多種多様にわたり,一方で専門的技術を必要とします。近年の内視鏡手術の増加に対応するため,消化器内科4名と内視鏡内科5名の計9名の指導医と後期研修医5名の14名の医師により共同で外来・入院診療を行っています。ただし入院診療においては,消化器内科,内視鏡内科の指導医の専門性もあり,消化器内科所属指導医が肝,胆,膵疾患を主として担当し,内視鏡内科所属指導医が消化管疾患を主として担当しています。

また,特に手術適応消化器癌症例に対しては,早期に手術を行うため,受診された時点より当院消化器外科医と情報を共有する体制をとっています。

対象疾患

消化器内科:主として肝疾患,胆嚢・胆道・膵疾患

内視鏡内科:主として消化管疾患

診療内容

外来における消化器系の検査

胃がんや大腸がんなどの消化管疾患の診断は内視鏡検査で行っており,上部内視鏡検査(胃カメラ),大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は月曜日から金曜日まで毎日行っています。上部内視鏡検査では苦痛を軽減するため,鎮静剤を使った内視鏡検査や内視鏡径の細い経鼻内視鏡検査も行っています。大腸内視鏡検査においても,送気ガスを空気より二酸化炭素にすることで検査後の腹満感の早期改善に努めています。また,小腸疾患に対しては平成20(2008)年にカプセル小腸内視鏡,ダブルバルーン小腸内視鏡を導入し,小腸の病気にも積極的に対応しています(ダブルバルーン小腸内視鏡は原則入院検査)。内視鏡検査は全て原則予約制ですが,上部内視鏡検査は絶食で紹介いただいた患者さんには当日検査(予約の方を優先としているので待ち時間は長くなります)が受けられるように配慮しています。

腹部超音波検査も内視鏡検査と同様に月曜日から金曜日まで毎日行っています。さらに消化器内科・内視鏡内科より医師を毎日1人以上配置し,臨床研究検査科の超音波検査士と共同で検査を行っています。これにより消化器,消化管疾患の高度な専門性の要望にも対応しています。

腹部CT,MRI検査は当院放射線診断科において高精度の機器を用いて行っています。その診断は,放射線診断科専門医と,消化器内科・消化器内視鏡科専門医による2重の診断(ダブルチェック)となっています。

消化管疾患

食道や胃,大腸の腫瘍(早期がんやポリープ)に対し内視鏡治療を行い,早期がんに対しては内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD),内視鏡的粘膜切除術(EMR)で根治治療を行っています。大腸ポリープの治療は原則として外来での日帰り手術を行っています。

≫≫消化管内視鏡診断・治療

潰瘍性大腸炎,クローン病などの炎症性腸疾患は,一般の薬物療法のほか,経腸栄養法,ステロイド強力静注療法,免疫調節剤(アザチオプリン,タクロリムス)療法,抗TNFα薬(インフリキシマブ,アダリムマブ)療法,白血球除去(GCAP,LCAP)療法など一人一人の病態に応じた治療を行っています。専門外来が水曜日と金曜日に開設されており,新規治験薬のご案内を含めた最新の治療をご提案しています。入院では看護師,薬剤師,栄養士,ソーシャルワーカーと協力し,食事,生活,服薬などのチーム医療を推進しています。

≫≫炎症性腸疾患外来

肝疾患

肝疾患は,月曜日から金曜日まで毎日専門外来を開設しています。肝癌の治療はラジオ波熱凝固,肝動脈塞栓術,定位放射線治療,外科切除治療など各個人の病態に応じたオーダーメイド治療を推進し,当院の肝癌治療成績は飛躍的に向上しています。また,上述治療はある程度の侵襲を要するので,肝機能が低下しないうちに分枝標的薬へ移行することも考慮しています。

B型肝炎に対しては核酸アナログ剤を使用し,肝機能の温存・長期生存を達成しています。

C型肝炎に対する治療法の進歩は目覚ましく,ウイルスの増殖を直接抑制する薬剤(DAA:Direct-Acting-Antivirals)が開発・認可されました。現在では,C型肝炎のすべてのgenotypeに対して,リバビリンなどの他剤を併用することなく,治療が可能になっています。治療期間は8~12週で,入院することなく外来通院で行っています。新規のDAA治療では副作用は格段に少なくなり,C型肝炎ウイルス排除率は100%に近づくことが期待され,従来は適応外だった腎障害例にも使用可能となっています。

胆嚢・胆道・膵疾患

腹部超音波検査,CT,MRI,内視鏡的胆膵管造影検査(ERCP),超音波内視鏡検査(EUS)などにより,胆嚢・胆管癌,膵癌などの早期診断を目指しています。また,閉塞性黄疸,急性胆管炎の救急対応に関しても,内視鏡的治療(ENBD,ERBD),経皮経肝的治療(PTCD,PTGBD,PTGBA)の治療ができる体制を常にとっており,他病院よりの救急要請にも対応しています。超音波内視鏡下穿刺吸引針生検(EUS-FNA)については,平成25(2013)年度に専用機器を導入し,いつでも実施できる体制を整えています。また胃切除後の小腸再建既往のため従来のERCP,ENBD,ERBDでは困難であった胆・膵膵疾患に対しても,ダブルバルーン小腸内視鏡技術を用いて検査・治療を行っています。

地域医療機関の先生方へ

上部内視鏡検査のみの依頼の場合,「上部内視鏡検査申込書」により患者総合支援センターを通してご紹介いただければ,来院後速やかに検査が受けられ,当院での待ち時間を極力少なくできます。詳しくは,患者総合支援センターにお問い合わせください。

食道から直腸までの消化管,肝・胆・膵疾患に対して,最新の知見と最新の医療設備による診療を行っています。

引き続きのご指導・ご支援をお願いいたします。

≫≫上部内視鏡検査予約対応について

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分