小児腎臓科

このページを印刷する

科の特色

中四国地域で唯一の腎臓病を専門とする小児科です。重症感染症に伴う多臓器不全,新生児領域に稀にみられる代謝異常症などの血液浄化療法にも対応できます。

対象疾患

慢性腎炎,急性腎炎,ネフローゼ症候群,急性腎不全,慢性腎不全,腎移植など腎疾患医療全般

診療内容

午前中は一般小児科医として,感染症などの一般小児科外来を行っています。火・水曜日の午後は大田主任部長が,火・木曜日の午後は藤井部長が,専門外来として腎疾患の診療を行っています。

当科では,集団検尿異常者の事後診断と管理,急性腎炎の透析を含めた管理,慢性腎炎症候群の組織診断と薬物療法,透析管理,幼児期以降の腎移植周術期管理といった,小児腎疾患全ての領域の診療を行っています。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分