腫瘍センター

このページを印刷する

腫瘍センターとは

平成27年4月より『腫瘍センター』(東6病棟)が開設され,ベッド数47床を有し,がんによる症状の緩和を目的とした姑息的手術,化学療法,放射線療法,化学放射線療法,緩和ケアといった集学的な治療を提供しており,外来と入院の継続した支援の提供にも努めています。また,退院後の在宅療養の質の向上を図るために,患者さんやそのご家族ならびに在宅サービス提供の医療者を交えて,在宅サービスの調整を行います(退院前カンファレンス)。

東棟6階にある腫瘍センター

医師による症状説明

がん専門看護師による説明

緩和ケア認定看護師によるリンパマッサージ

研究面では,日本のがん医療の中心である国立がん研究センター(JCOG大腸がんグループ)や西日本がん研究機構(WJOG)などとの共同研究・交流や治験,臨床試験,学会活動を積極的に行い,新規化学療法の開発,化学療法の質の向上に努めています。

教育面では,日本臨床腫瘍学会指導医の下でがん薬物療法専門医の育成を行っています。

抗がん剤について

近年,高い有効性を示す抗がん剤が多数開発され,進行がんや再発がんの治療成績は飛躍的に向上しています。当科での化学療法は原則として外来通院の実施です。抗がん剤にはそれぞれ,おこりやすい副作用がわかっています。抗がん剤による吐き気や,骨髄抑制の時期におこる発熱に対してなど,起こりうる副作用に対しての薬をあらかじめ処方して,自宅でも副作用に対処しやすいように努めています。

<副作用に対しての対処方法>

※画像をクリックすると大きく表示されます。

心抗がん剤治療を専門とする医師(日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医),看護師(がん化学療法看護認定看護師,乳がん看護認定看護師,がん疼痛緩和認定看護師など)や薬剤師(外来がん治療認定薬剤師など)等の専門・認定資格をもったスタッフで構成した化学療法チームが,それぞれの立場から副作用・合併症に対する対処方法を説明します。また,化学療法に伴う副作用や療養生活に関する相談について,電話対応も実施し(電話サポート),安心して化学療法が継続していただけるように努めています。

≫≫臨床腫瘍科についてはこちら

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分