摂食嚥下チーム

このページを印刷する

摂食嚥下(せっしょくえんげ)とは

摂食嚥下(せっしょくえんげ)とは,食べ物や水分を認識して口に取り込み,胃へ送り込む動作のことです。この運動が障害されることを摂食嚥下障害といい,食物や水分を飲み込もうとすると気管に入ってしまう(誤嚥:ごえん),食道へ行かずにのどに残ってしまい息ができなくなる(窒息)などの症状がみられます。

脳卒中,パーキンソン病などの神経筋疾患,口腔・咽頭がん,加齢など様々な理由によって食べて飲み込む機能に障害をきたした患者さんに対して,私たちは,誤嚥性肺炎や窒息だけでなく,脱水や低栄養などのリスクを回避し,安全においしく食べるための支援を行っています。

摂食嚥下チームについて

「食べる」という行為は,生命維持に必要な栄養を取り入れる,味を楽しむ,食事の場面を通じてコミュニケーションを楽しむなど,私たちの生活において身体的にも精神的にもとても大きな意味を持ちます。

摂食嚥下チーム スタッフ

歯科医師 1名
耳鼻科医師 1名
脳神経外科医師 1名
脳神経内科医師 1名
言語聴覚士 1名
管理栄養士 1名
薬剤師 1名
摂食嚥下障害看護認定看護師 2名
病棟コア看護師 各病棟2~3名

【チームの活動内容】
毎週月曜日,患者カンファレンス
毎週火曜日,昼食時に回診
毎週水曜日と金曜日,嚥下造影検査
毎月1回,病棟リンクナース会議
毎月1回,NSTと共同で院内勉強会

患者さんとご家族の「食べたい」という願いを支え,自分らしく健康に生きていくことを支援してきていたいと思っています。日々の暮らしの中で困ったり,悩んだりすることがあれば一緒に考えていきましょう。いつでもご相談ください。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分