循環器内科

このページを印刷する

科の特色

狭心症,心筋梗塞,末梢動脈閉塞に対する心カテーテルを用いた治療は,様々な工夫を凝らし,安全で確実な治療を目標にしています。救急疾患の対応に力を注ぎ,急性心筋梗塞症例も増加してきています。心肺停止例に対する低体温療法なども取り入れ,社会復帰率が向上しています。心房細動を含む不整脈に対するカテーテルアブレーション治療は画像診断を駆使し,治療成績も良好です。3台のシネアンジオ装置があり,心臓血管治療を行う各科で,待機的,緊急治療を行っています。血管造影検査の映像はデジタルオンラインシステムで,病棟,外来,カンファレンスルームなど,どこからでもからアクセスでき,患者説明,カンファレンスが可能です。3D心エコー,マルチスライスCT,SPECTRI,MRIなど最新鋭の画像診断が可能です。心臓リハビリも開始しています。

対象疾患

冠動脈疾患,心筋症,心筋炎,弁膜症,心不全,徐脈性・頻脈性不整脈,高血圧,脂質異常症,下肢閉塞性動脈硬化症,肺高血圧症,肺塞栓症,深部静脈血栓症など。

診療内容

外来診療

外来は毎日3診察室で,予約,初診,院内・院外紹介患者さんの診察を9:00~17:00まで行っています。即日検査を原則にして,院外紹介に迅速に対応することを目標にしています。救急患者の紹介は,診療時間(8:30~11:00)を問わず,専用の直通電話か直接病院に連絡していただければ対応いたします。三次救急の入院は救命救急センターと協力し,24時間受け入れを行っています。夜間:休日も毎日循環器医が日当直していますので,ご相談・ご紹介お願いします。

検査

主要検査は,心カテーテル検査,電気生理検査,心臓核医学検査,食道心エコー,トレッドミル検査,冠動脈CT検査などです。心房細動に関しては,食道エコーだけでなく,対表面からの左心耳動態評価などで塞栓症のリスク評価をして,抗凝固療法の指標としています。特に食道心エコーによる三次元画像を診れる施設は少なく,精密な構造・機能評価が可能となりました。

カテーテル治療等

カテーテル治療には経皮的冠動脈形成術,腎動脈拡大術,末梢血管拡大術,カテーテルアブレーション,下大静脈フィルター挿入術,僧帽弁拡大術,動脈管閉鎖術があります。平成16(2004)年4月から保険に収載された,肥大型閉塞性心筋症に対する心室中隔焼灼術や心不全に対する両心室ペーシングも可能です。特発的心室細動,血行動態が破綻する心室頻拍に対して植え込み型除細動器(ICD)や皮下植え込み型除細動器(SICD)なども施行しています。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分