栄養管理科

このページを印刷する

県立広島病院 栄養管理科~栄養だより~

11月14日の世界糖尿病デーに合わせて開催されたOSEALフォーラムにて,糖尿病料理コンテストが行われました。そこで,当院考案の『太刀魚の西条柿包み焼き 小松菜浸しソース』が優勝しました‼

糖尿病患者さんは血糖が高いことで血管が傷みやすく,脳梗塞や心筋梗塞の発症率が健康な人の2~3倍です。

魚油に含まれるn-3系脂肪酸は,動脈硬化を防ぐ働きがあり,血中の中性脂肪低下や血液サラサラ効果があります。太刀魚は,鰻やサンマと同等に魚油を多く含むため高カロリーですが,魚油には動脈硬化予防効果があります。また,柿や小松菜に含まれるビタミンCは抗酸化作用があり,アンチエイジング(老化防止効果)に役立つ食材です。

太刀魚の魚油と柿の甘味を生かし,調理の際の油や砂糖を使用せず,小松菜ソースはだしを加え塩分も控えています。このように味付けや調理方法を工夫することで,美味しい糖尿病食になります。

普段の食事の参考にしてみてはいかがでしょうか。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

まちのわループ 301,302

「県病院前」下車徒歩1分