移植外科

このページを印刷する

科の特色

(1)慢性腎不全患者さんの外科的治療および透析管理を行います。

(2)内シャント造設・再建,IVR(バルーン拡張,血栓溶解術),二次性副甲状腺機能亢進症の外科的治療,嚢胞腎の摘出など,透析患者様の手術を安全に施行します。

(3)外来維持透析の管理,外科系他科合併症(骨折,脳出血,腹部手術,心血管手術など)で入院中の急性期透析管理を行います。

(4)腎移植(生体腎移植,献腎移植),先行腎移植も含めて積極的に腎移植を施行しています。

診療内容

血液透析治療

腎センターで月~土曜日の午前34床,月水金曜日の午後20床で血液透析を施行しており,常時,外来通院の患者様が50人余り,手術や急性期治療のための入院透析の患者様が30~40人,透析を受けられています。脳卒中,骨折,循環器合併症,消化器合併症などで手術を受けられる場合も安心して透析が受けられるように,重症患者様の場合は病棟あるいは救命センター(ICU)での透析も行います。

シャント手術・シャントIVR

透析導入時の内シャントの造設術,シャントトラブル時の再建術やIVR(経皮的バルーン拡張術,血栓溶解術),シャントが作れない患者様への長期留置型透析用カテーテルの留置術などを合わせて年間400件以上を行っています。

腎臓移植

当院では昭和57年に第1例目の腎臓移植を行って以来,192例(生体腎移植154例,献腎移植38例)の腎移植を行っています。

腎移植外来では生体腎移植のご相談や献腎移植の新規登録・更新手続きなどをお受けしています。また,最近は透析を始める前からの腎移植(先行腎移植)のご相談にも対応しております。

そのほか,院内には 国の指定を受けた“HLA検査センター”が設置されており腎移植のための組織適合性検査を行っています。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分