乳がん

このページを印刷する

乳がんとは

乳がんは,女性の“がん”の中で,欧米諸国と同様,日本でも増加しており最もかかりやすい“がん”です。広島県内でも年間1800人(2012年)の方が罹患されています。乳がんの治療は,手術やホルモン療法,抗がん剤治療,放射線治療などを組み合わせておこなうため,その専門性が要求される病気です。しかし,他の“がん”と異なり治療効果が高く,早期に見つかれば多くの患者さんの生存がのぞめます。また,新しい治療薬の開発により転移・再発された患者さんにも多くの治療の選択肢があります。

乳がんの症状


図1 乳がんの症状

乳がんの初期症状のほとんどは乳房のしこりですが,大きさが1センチを超えると触れやすくなります。しこりがそれよりも小さい場合は,マンモグラフィ,超音波検査を行わなければわかりません。乳がんを早期に見つけるためには,マンモグラフィ,超音波検査による乳がん検診を行うことが大切です。その他の症状としては,乳首から血性の分泌物,乳房の皮膚のへこみ,左右の乳頭位置の偏り(かたより),などがあります。これらの症状を見つけたら,乳腺外来を受診して下さい。

乳がんの診断・検査

当院の乳腺外来は,乳がん学会乳腺専門医,がん治療認定医,マンモグラフィ・超音波読影認定医の全ての資格をもつ医師が担当しています。初めて来られた患者さんには待ち時間に,検査内容のパンフレットをお渡しています。検査結果は患者さんと一緒に確認しその場で説明します。

≫≫マンモグラフィ検査のご案内(動画)

マンモグラフィは乳房のレントゲン写真ですが,乳房を機械にはさんで撮影するため,圧迫が必要です。検査に強い不安がある方,痛みに弱い方は検査の担当者に,あらかじめお申し付けください。

≫≫「マンモグラフィーについて」当院の松浦医師の記事が『47NEWS』に掲載されています

超音波検査は高濃度乳房の検査やマンモグラフィができないときにも威力を発揮する検査で,検査の時の病変の場所の確認にも用います。

マンモグラフィ,超音波検査とも女性の技師が担当しています。


図2 マンモグラフィでのみ分かる病変(小さな石灰化 白い点)


図3 超音波検査

図4 MRI画像

マンモグラフィや超音波検査で悪性が疑われる場合や,乳癌の拡がりを判断する必要がある時には,精密検査としてMRI検査(要予約)を行います。

触診や超音波検査(エコー検査)ではわからず,マンモグラフィだけでわかる石灰化を含む精査が必要な病変については,ステレオガイド下マンモトーム生検(要予約 日程は診察時に調整)をおこなっています。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分