腎細胞がん

このページを印刷する

腎細胞がんQ&A

質問をクリックすると回答が表示されます。

Q.腎細胞がんの特徴とは何ですか?
A
  • ●腎臓がんは,概して大きくなるまで無症状です。
  • ●健康診断や他の疾患の検査時に発見される機会が増加しています。
  • ●CTやMRIが確定診断に有用です。
  • ●治療の基本は外科的な切除(手術)で,早期発見例では,部分切除術が選択されます。
Q.腎細胞がんの症状はどのようなものがありますか?
A
  • ●腎細胞がんの症状は血尿,腹部腫瘤,疼痛ですが,概して大きくなるまで無症状です。
  • ●健康診断や他疾患の精査目的での超音波検査,CTで見つかることが多いです。
  • ●進行例では,体重減少,貧血,発熱を呈します。
Q.腎細胞がんの診断はどのようなものがありますか?
A
  • ●超音波検査で腎の腫瘤影の確認は可能です。
  • ●CT・MRIが腎がんの診断に有用で,転移の有無や進展度の診断に有用です。
  • ●確定診断は摘出組織の病理診断で行われます。
Q.腎細胞がんの診断の流れ
A

  腎細胞がんの診断の流れ

Q.腎細胞がんのタイプと病期
A腎細胞がんの進展度(T)
原発腫瘍(T)
TX 原発腫瘍の評価が不可能
T0 原発腫瘍を認めない
T1 最大径が7.0cm以下で,腎に限局する腫瘍
T1a 最大径が4.0cm以下で,腎に限局する腫瘍
T1b 最大径が4.0cmを超えるが7.0cm以下で,腎に限局する腫瘍
T2 最大径が7.0cmを超え,腎に限局する腫瘍
T2a 最大径が7.0cmを超えるが10.0cm以下で,腎に限局する腫瘍
T2b 最大径が10.0cmを超え,腎に限局する腫瘍
T3 主静脈または腎周囲組織に進展するが,同側の副腎への進展がなくGerota筋膜を超えない腫瘍
T3a 肉眼的に腎静脈やその区域静脈(壁に筋組織を有する)に進展する腫瘍,または腎周囲および/または腎洞(腎盂周囲)脂肪組織に浸潤するが,Gerota筋膜を超えない腫瘍
T3b 肉眼的に横隔膜下の大静脈内に進展する腫瘍
T3c 肉眼的に横隔膜上の大静脈内に進展,または大静脈壁に浸潤する腫瘍
T4 Gerota筋膜を超えて浸潤する腫瘍(同側副腎への連続的進展を含む)

腎癌取扱い規約第4版2011年

Q.腎細胞がんの病期別治療法
A
  • ◎病期と全身状態を判断材料に,治療法を選択する。
    ・腎摘除:腎細胞がん治療のスタンダード
    ・転移巣の切除
    ・免疫療法
    ・分子標的治療薬/免疫チェックポイント阻害薬
  • ◎病期別主要治療法
Ⅰ期 治療のための外科的な腫瘍除去
Ⅱ期
Ⅲ期
Ⅳ期 ・腫瘍減量と寛解のための原発・転移巣の外科的切除
・免疫療法(IL-2,INFα)
・分子標的治療薬
・免疫チェックポイント阻害薬
Q.腎細胞がんの診断,治療の手順,流れ 2011(抜粋)
A 腎細胞がんの診断,治療の手順,流れ 2011(抜粋)

腎癌診療ガイドライン,日本泌尿器科学会編,金原出版,2011

Q.腎細胞がんの手術方法-1
A
  • ◎開腹手術
    ・T3以降のがんや腎部分切除術で適応される
    ・腹部の切開が比較的大きい
    ・技術的に安定し,多くの施設で行われている
    開腹手術
    ※赤,青,緑で示したような部分の皮膚を切開
  • ◎腹腔鏡手術
    ・主に初期(T1-2)のがんで適応される。
    ・腹部の切開が小さく,患者さんの負担が少ない。
    ・行われる施設は限定される。
    腹腔鏡手術
Q.腎細胞がんの手術方法-2
A
  腎摘出術 腎部分切除術
摘出する
範囲
腎摘出術
腎臓,周囲脂肪組織,Gerota筋膜
※副腎,所属リンパ節は必要に応じて摘出
腎部分切除術
腎臓内のがんとその周辺組織の一部
正常組織は可及的に温存
適応 ・全身状態が良好である
・対側の腎機能が正常である
・腎部分切除術ができない場合
 (大きな腫瘍,静脈腫瘍血栓など)
・正常な機能の腎臓が1つである
・両側の腎臓にがんがある
・対側の腎機能が低下しており,全摘により腎不全になることが予想される
・腎機能が正常であっても,がんの最大径が小さく突出型である
Q.腎細胞がんの手術方法-1 腎細胞がんの化学療法はどのようなものですか?
A
  • ●外科的に根治的切除不能な場合や転移性の腎細胞がんの場合,生存期間の延長症状の緩和の目的で,全身療法を行うことがあります。
  • ●現在,6種類の分子標的薬と1種類の免疫チェックポイント阻害薬があります。
  一般名 商品名
分子標的
治療薬
TKI ソラフェニブ ネクサバール
スニチニブ スーテント
アキシチニブ インライタ
パゾパニブ ヴェトリエント
mTOR阻害剤 エベロリムス アフィニトール
テムシロリムス トーリセル
免疫チェックポイント阻害剤 ニボルマブ オプジーポ

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分