南5病棟

このページを印刷する

私たちは急性期消化器外科・移植外科看護を提供しています。

術前・術直後から関わり,術後トラブルなく,安心して入院生活が送れるよう他職種と協働し,サポートしています。

予定手術の他に急遽緊急手術になることもあるので,患者さんやご家族の精神面フォローにも努めています。

病棟概要

病床数 44床
病棟診療科 消化器・乳腺・移植外科
病棟スタッフ 消化器外科医師13名,移植外科医師3名,看護師30名,病棟業務嘱託員5名,医療事務1名
看護体制 3交代勤務(準夜勤3名,深夜勤3名,平日のみ早出,遅出)
看護方式 固定チームナーシングとPNS混合型

部署自慢1

不安なく手術に臨めるように術前から関わり,術後は合併症や異常の早期発見に努めています。術後翌日から離床に向けてリハビリを開始し,ほとんどの患者さんが自宅退院できています。また術前・術後に栄養評価を行い,低栄養の患者さんにはNST介入し,チームで栄養管理をしています。誤嚥の可能性がある場合は早期に嚥下評価を行い,経口摂取できるよう援助しています。

部署自慢2

週に1回は患者カンファレンスを行い,日々の問題点をチーム間で共有するようにしています。患者さんや家族からの要望・意見なども話しやすい雰囲気づくりを心掛けています。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分