不妊症看護認定看護師

このページを印刷する

植田 彩

うえだ あや

生殖医療科外来

不妊症看護認定看護師とは

近年,不妊症や不育症の患者数は増加しており,日本では6組に1組のカップルが不妊の悩みを抱えているといわれています。しかし,残念ながら,治療をしてもすべてのカップルが子どもをもつことができるわけではありません。

相談室は,ホスピタルアートのなか,お話ししやすい空間となっています。

不妊症看護認定看護師は,生殖医療をうけるカップルや個人が,治療や検査についてよく理解した上で,子どもをもつことや治療について,納得した意思決定ができることを目指し,看護をしています。また,治療に伴うストレスを少しでも減らすことができるようお手伝いしたいと思っています。

所属する生殖医療科外来には,不妊や不育の悩みのために,毎日多くの方々が受診されています。また,当科は,若年性悪性腫瘍の方の妊よう性温存にも積極的に取り組んでおり,妊よう性温存を検討されている方々に寄りそったサポートをしたいと考えています。

どうぞお気軽にご相談ください。

院内活動

医師,胚培養士とともに,当院で体外受精を検討されているご夫婦を対象としたセミナーを定期的に開催しています。

不妊症や不育症のために通院の方の看護,相談

不妊症看護に関するコンサルテーション

不妊症看護や妊よう性温存に関する院内研修会

院外活動

看護大学での不妊症看護に関する講義

不妊症看護に関する研究発表

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分