TQMサークル活動

このページを印刷する


TQMサークル活動は,部署における業務上の問題の解決を図るため,5~6名でサークルを編成し,QC手法(※)を活用して改善に取り組む活動です。

このTQMサークル活動は,単に業務改善を行うだけではなく,サークル活動を通じて,職員一人一人がQC的なものの見方,考え方や問題解決の手法を身に着けて,様々な場面で活用するとともに,自分たちで業務を改善していくことを通じて,働きがいのある職場づくりを目指す活動です。

このようなサークル活動は,QCの考え方に沿って運営されるため,一般的には『QCサークル』と呼ばれていますが,当院では,病院全体で品質を高めるTQM(Total Quality Management)の一環として行っていることから,『TQMサークル』と呼んでいます。

  • ※QC手法とは…品質管理に活用される手法であり,経験や勘だけに頼るのではなく, 科学的分析に基づいて問題や課題解決を図る手法。

当院では,TQMサークル活動をより実りあるものとするため,『人の和,知恵の和,職場の和』という標語を定めています。この標語には以下のような意味が込められています。

人の和
お互いの人間性を尊重し,自主性や創造性を発揮しよう
知恵の和
皆で話し合い,新たな知恵や発見を生み出そう
職場の和
チームによる活動を通じて,生きがいのある明るい職場をつくろう

活動スケジュール

活動スケジュール

キックオフ大会

各サークルの活動期間は約半年間で,全てのサークルが一斉に活動を開始しますので,活動開始に合わせてキックオフ大会を開催しています。大会では,各サークルのメンバーが,活動テーマ,テーマの選定理由などについて,各サークルの個性が感じられる発表をしています。

研修会・ワークショップ

問題解決のステップなどを理解し,サークル活動を円滑に進めるため,外部講師による研修会やワークショップを開催しています。また,活動がうまく進んでいないサークルに対しては,改善推進室担当者やTQM推進員が中心となり支援しています。

発表大会

約半年間の活動の集大成として発表大会を開催し,各サークルが持ち時間の中で,簡潔・丁寧に発表しています。

また,審査の結果,上位の発表や優良と認められる発表については,病院から表彰することとしています。

これまでの活動実績

3年間で36チーム,約200人が参加し,TQMサークル活動を実施してきました。

当院の発表大会で優秀な成績を収めた事例の中からは,院外の事例発表大会で優秀賞を受賞する事例も出ています。

受賞大会 部署名 サークル名 テーマ
第5890回QCサークル全国大会
(2017年2月)体験事例優秀賞
栄養管理科 とにかく優しい栄養管理科 外来糖尿病患者における栄養指導件数の増加

※栄養管理科の取り組みは,一般財団法人日本科学技術連盟発行の「QCサークル誌2017年10月号」に掲載されました。

2017年TQMサークル活動[PDF:301KB]/10サークル(参加職員59名)

2016年TQMサークル活動[PDF:320KB]/14サークル(参加職員76名)

2015年TQMサークル活動[PDF:324KB]/12サークル(参加職員65名)

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分