相談窓口

このページを印刷する

腎臓移植相談窓口について

概説

県立広島病院では,昭和57年6月より腎臓移植手術を開始し,平成25年3月末までに176例(生体腎移植:139例,献腎移植:37例)を施行しています。厚生労働省から「献腎移植実施施設」,「臓器提供施設」の認定を受け,中国地方・広島県の腎臓移植の拠点病院として専心努力しているところです。腎臓移植に関するご相談を幅広くお受けするために相談窓口を設置していますので,ご利用いただければ幸いです。

相談内容について

○透析と腎臓移植での生活面での違いは?
○腎臓移植全般のことや術後成績を知りたい
○腎臓移植を行なうタイミングは? 年齢やデータによる制限はあるのか?
○腎臓移植手術とはどんなものなのか? 入院期間はどれくらい?
○腎臓移植を考えたいが,事前の手続きや準備の手順,治療費は?
○免疫抑制剤について聞きたい
○術後管理,外来通院,生活レベル・社会復帰はどうなるのか?
○腎臓提供者(ドナー)の適応や条件は? 治療費は?
○ドナーの入院期間は? 術後の体調は心配ないだろうか?
など,腎臓移植に関する情報がほしい,腎臓移植を考えてみたい,という患者様のあらゆるご相談に応じます。

お申し込み方法

電話: 平日9:00~12:00 に 082-254-1818 (内線 1087)へお電話ください。
指定の日時に,県立広島病院 B受付 (外科外来 第2診察室)へお出でください。

相談スタッフ

石本達郎 医師 (移植外科 主任部長)
札場保宏 医師 (移植外科 部長)

なお,透析施設で相談されて腎臓移植施行の方針を決められた患者様については,主治医の先生から当院病診連携室(移植外科宛)へFAXを送っていただき,ご受診の日時を決定します。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分