がん以外の疾患

このページを印刷する

小児救急・集中治療

小児の重症患者さんを得意とする病院はあまりありません。

  • 2010年度より救命救急センターに小児科専門医が常駐し,救急医として働いています。
  • 2016年9月現在,広島県内では当院だけです。
  • 病気・怪我などの原因を問わず,生命に危険のあるような重篤な小児患者さんの救命救急医療とそれに引き続く集中治療を行っています。
  • 毎年,80~100人程度の3次救急・集中治療が必要な小児患者さん達を初期診療し,そのうち40人程度の重篤な患者さんが集中治療室(ICU)に入室してます。
  • 多発外傷やアナフィラキシーショック,けいれん重積発作など重症度・緊急度が高い病態に対して,成人と同様の救急対応を行っています。
  • ICUに入室後は,人工呼吸,血液透析などの集中治療を成人と同様に行っています。

重篤なこどもさん達が,笑顔を取り戻せるよう
お手伝いを続けています。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分