教えてドクター

このページを印刷する

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)とは

循環器内科部長 三浦 史晴

脳心臓血管センター長(兼)循環器内科主任部長
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会指導医・専門医
上田 浩德

専門

循環器内科
心血管カテーテル治療

心臓を栄養する冠動脈

心臓は生命を維持するために大動脈を通して全身に血液を供給する重要なポンプの働きをしています。しかし,心臓もまた血液が供給されなければ,ポンプとして活躍できません。心臓に酸素と栄養分を送る血管は心臓から出たすぐの大動脈から心臓をとりまくように枝分れしています。

この血管は「冠状動脈(冠動脈)」と呼ばれ,心臓をエンジンにたとえると,ガソリンを送り込むパイプのようなものと思ってください。左右に1本ずつあり,左冠動脈はさらに左前下行枝と左回旋枝の2本に分かれています。

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)

冠動脈が狭窄すると「狭心症」を,閉塞すると「心筋梗塞」を発症し,心臓が本来のポンプとしての機能を果たせなくなります。その危険信号として自覚するのが「胸痛」です。

「胸痛」といっても,自覚の度合い,出現部位や様式は様々です。例えば,持病に糖尿病があれば,ほとんど自覚症状がない場合があります。典型的には胸部を締め付けられるような圧迫感ですが,肩が凝った感じや肩に重しを置いたような感じ,胃の痛みに似た症状,左腕のだるさや首を絞められるような感じといった自覚症状があります。

冷や汗を伴うような15分以上持続する胸部圧迫感は「急性心筋梗塞」の可能性がありますので,すぐに救急車を呼んでください。また,虚血性心疾患の発症リスクは高血圧,糖尿病,脂質異常症,肥満,喫煙といった生活習慣と関連する因子が主な危険因子となっていますので,日頃から主治医の先生と一緒に管理していくことが,心臓を守ることにおいて重要です。

胸痛は様々です

・首の締め付け感

・胸を絞められるような圧迫感

・肩の痛みや胃の痛み

・右腕のだるさ

冬に多い心筋梗塞

心筋梗塞発症は冬に増加します。特に,気温の急激な低下は体に大きなストレスがかかり,血管の収縮と血圧の急激な上昇が生じ,冠動脈に存在する動脈硬化が裂けることで血の固まり(血栓)ができ,冠動脈が詰まってしまいます。

早朝,外出時,脱衣場や風呂場などでの体温管理や室温には十分気を付けてください。

温度差に気を付けましょう

カテーテル治療

カテーテル治療とは,細長いカテーテルを用いて体外からコントロールしながら,冠動脈の患部を治療する方法です。病変をバルーンで広げたり,ドリルのようなもので削ったりします。最終的に多くは金属の網目状の筒でできたステントで治療を行います。具体的には冠動脈の狭窄や閉塞した部位にバルーンに,小さく畳んだ状態のステントをワイヤーに沿わせながら血管内に送り込み,患部に到達したら内側からバルーンを膨らませ,広げて治療をします。

ステントは患部に広がった状態で留置されます。崩落しそうなトンネルを内側から補強し,交通が再開できるようにする工事に似た手術です。細長いカテーテルを用いて体外からコントロールしながら行うため,胸を開ける外科的バイパス手術に比べ体への負担は少なくてすみます。しかし,冠動脈に多数の病変が存在する場合や冠動脈の根元に近い部分の病変などでは,バイパス手術が適している場合もあります。

【冠動脈ステント留置】

①患部にバルーンを畳んだ状態のステントを到達させます。

②バルーンを膨らませてステントを血管壁に圧着します。

③バルーンをしぼませて抜いた後,ステントは患部に留置されます。

進化する冠動脈ステント

虚血性心疾患のカテーテル治療は冠動脈ステントの開発によって飛躍的に進歩してきました。1980年代のバルーン拡張のみの時代から1990年代のベアメタルステント(金属のみのステント)の使用により,狭心症患者の症状改善効果はもちろんのこと,急性心筋梗塞患者の救命率は格段に上昇しました。しかし,ステント内再狭窄(ステントの内側に血管壁の組織が盛り上がり,再度狭窄すること)という大きな問題があり,2000年代に登場したのが,血管壁の細胞の増殖を抑える薬が塗られた金属製の薬剤溶出性ステントです。これにより,狭心症が再発してしまうステント内再狭窄の頻度は,約20%程度から5~10%程度に減少しました。

今後,植え込み後2〜3年で血管壁で吸収消失する,生体吸収型ステントが臨床現場に登場します。血管内に残り続ける金属ステントに比べ,本来の血管に近い状態に戻せる可能性があります。初期の生体吸収型ステントは厚い構造のゆえ,ステント血栓症(冠動脈内に留置したステントが血栓で閉塞してしまうこと)が従来の薬剤溶出性の金属ステントに比べやや多く発生するために,本邦においては一般臨床使用が遅れています。今後,これら種々のステントの特性と性能を知った上で,適応病変を考え,うまく使い分けることが冠動脈ステント治療において重要です。

《広報誌「もみじ93号(2016.11)」に掲載した内容を再編集しました(2018.12)》

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分