胚培養業務従事員(会計年度任用職員)の募集

このページを印刷する

職種,採用予定人員

職種 採用人員 勤務場所
胚培養業務従事員 1名 県立広島病院 生殖医療科

業務内容

胚培養業務および関連業務全般

・患者対応および説明

・検査データ等入力業務等

・精液検査業務

・人工授精業務

・体外受精準備関連業務

・体外受精業務

・着床前診断業務

必要な資格

胚培養業務について知識を有すると認められる者であること

・生殖補助医療胚培養士あるいはエンブリオロジスト学会認定胚培養士の有資格者

・上記の有資格者と同等の知識および技術を有すると認められる者

・上記の認定資格の取得を目指している者

※子供を望む患者さんに寄り添い,真摯に業務に取り組める者であること,
 医師や看護師,メディカルクラーク,受付クラークと共にチーム医療に貢献できる者であること
 が求められます。

任期

採用日~令和5年3月31日(更新の可能性あり)

勤務時間

月~金曜日,8:30~17:15の間の5時間45分又は6時間(休憩1時間)

※4週間で116時間15分となるよう勤務を割り振る

休日

土・日及び祝日

※ただし,月2回程度の土日勤務あり(その場合は別の曜日に休日を付与する)

12月29日~1月3日

休暇

・年次有給休暇

・夏季休暇

・その他(病気休暇,忌引休暇など)

給与(令和4年度)

1)報酬

時間給 1,090円~1,620円
※個人の学歴や職務経験(経験年数)に応じ上記範囲内で決定されます

2)通勤手当

あり(通勤距離片道2km未満の場合は,なし)
※日額4,666円(+超過額の1/2)を上限として県の規定に基づき支給

3)賞与

あり(任期6月未満の場合は,なし)

【期別支給割合】

6月期:0.63月,12月期:1.05月,3月期:0.35月

※上記は令和4年4月1日新規任用の場合の割合。
 在職期間に応じ支給割合は異なります。
 また,算定期間に育児休業の期間がある場合等は,割合を除算します。

加入保険等

雇用保険,労災保険,健康保険,厚生年金保険

選考方法

面接試験

※面接日程については,別途連絡します

応募方法・書類提出先

1)提出書類

次の書類を下記担当まで提出すること

・履歴書(市販のJIS規格のもの)

2)提出先

〒734-8530 広島市南区宇品神田1丁目5-54

県立広島病院 総務課庶務係 小川

TEL(082)254-1818(内線4209)

※封筒に「胚培養業務従事員応募書類在中」と記載すること

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
(予約のある方の後での診療に
 なります)
※診療科によっては受診できない
 場合があります。
 ≫≫手術日の注意[PDF]
 ≫≫外来診療担当医表
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

まちのわループ 301,302

「県病院前」下車徒歩1分