職員提案制度

このページを印刷する


当院では,医療の質の向上,医療安全の向上,患者サービスの向上,職員の負担軽減,経営改善に繋がる身近な事案の改善を図るために,職員からの業務改善提案制度を設けています。

  • 待ち時間の短縮,患者アメニティの向上など,患者サービスの向上に繋がる内容
  • 委託内容や診療材料・薬品の管理方法の見直しなど,コスト削減に繋がる内容
  • 無駄な作業の取りやめ,作業や書類作成の簡略化など,職員の負担軽減に繋がる内容 など

年間数十件の提案があり,提案内容については,改善推進委員会で審査し対応方針を決定しています。

特に有益な提案をした提案者に対しては,年度ごとに病院から表彰することとしています。

提案事例

年度 項目 概要 改善状況
H29 創傷被覆材の一括管理による不良在庫の削減 院内の各部署における創傷被覆材の在庫管理を中央管理1箇所にまとめることで,不良在庫を無くす。 採用品目の絞り込み,在庫の中央管理,枚数単位での定数化,物品の切替えにより,年間約145万円の節減効果。
H29 がん疑い読影後のリマインドメール 読影医が,画像診断で新規に,がん疑い病変,要注意病変を見つけた場合は,主治医と主任部長あてに,適切な対応が取られたかどうかを確認するためのリマインドメールを送る。 放射線レポートシステムに読影所見等を入力し保存する際に,「重要結果通知」のチェックボックスにチェックを付けると,オーダーした医師に自動的にメールが送付される。
H30 手術の糸の変更 手術室で使用しているモノクリル吸収糸はPDSから,ほとんど同じ材質であるモノスティンガーに変更する。 モノスティンガーへの変更が決定。(年間30万円相当の経費節減効果)
H30 点滴セットの検討 短時間で終了する検査(気管支鏡検査,内視鏡検査など)に使用している点滴のセットを変更し,統一する。 看護部・医療安全管理部で取り組み,輸液ライン物品を標準化。
R1 CTの定期点検 平日に行われているCTの定期点検を土曜日に実施する。 定期点検を土曜日に変更することで,患者さんのサービス向上に繋がり,収益増(280,000円)が検査1回当たりの費用増(165,000円)を上回る。
R1 CD-Rのケースについて 他病院に紹介する際に患者へ渡すCD-Rを収納するケースをプラスチックから不織布に見直す。 1枚当たり,25.8円から6.5円程度に改善。年間約10万円の節減。
R2 CSセットオムツプランのプラン変更とオムツ管理方法の院内統一 オムツセットプランを現状にあったプランに変更する。また,オムツ管理方法をスリム化,院内統一し,オムツの適正使用を看護者に教育する。 オムツゴミの削減,看護業務の効率化に繋がり,患者さんの不快感が軽減された。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
※診療科によっては受診できない
 場合があります。
 ≫≫外来診療担当医表
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

まちのわループ 301,302

「県病院前」下車徒歩1分