呼吸器内科

このページを印刷する

科の特色

画像診断・分子病理診断・抗がん剤治療・放射線治療・手術治療などの高度な医療の進歩によって,呼吸器疾患・リウマチ疾患の治療成績が大きく向上してきました。『呼吸器センター』では,呼吸器内科,呼吸器外科リウマチ科が連携して高度な医療を提供する体制を整え,診断や治療に取り組んでいます。

チーム医療の実践

呼吸器内科,呼吸器外科,リウマチ科の各専門スタッフが一丸となって,最先端の高度な医療を提供する体制を整え,診断や治療に取り組んでいます。患者さんの状況に応じて専門チームがサポートします。また,呼吸器疾患・リウマチ疾患の入院症例は呼吸困難などの救急入院が多いために,内科救急診療科や救急科と連携し,24時間対応で救急診療体制を整えています。

各領域の専門家の連携による治療方針の決定

集学的治療が必要な症例の診断や治療の方針決定に関しては,各領域の専門家が参加する呼吸器センターの検討会で相談し決定しています。ひとりひとりの患者さんの診断や治療に複数の診療科に所属する専門医が様々な視点で関わっているために,主治医の意見だけではなく,客観的で偏りのない治療ができます。

検査・治療待ち時間の短縮

呼吸器疾患・リウマチ疾患の診療においては,迅速な診断・治療が重要ですので,治療待ちの期間はできる限り短縮するように心がけております。

検査・治療内容 待ち時間
気管支鏡検査 1週間以内
CT下生検 1週間以内
化学療法 診断確定後1週間以内
放射線療法 診断確定後1週間以内
放射線化学療法 診断確定後1週間以内
手術 診断確定後2週間以内
抗線維化薬 診断確定後3日以内
ステロイド治療 診断確定後3日以内
生物学的製剤 診断確定後3日以内

迅速かつ精密な病理診断・分子病理診断・がんゲノム遺伝子パネル検査

肺がんの確定診断等には気管支鏡検査・CTガイド下生検・リンパ節生検・胸腔鏡下肺生検などから, 迅速かつ精密な病理診断・分子病理診断・がんゲノム遺伝子パネル検査を行うために個々の症例に最も適した検査方法を,臨床研究検査科と連携して施行しております。

臨床試験・臨床治験

呼吸器疾患・リウマチ疾患に関する様々な研究グループの臨床試験に積極的に参加することによって,最先端の治療を行い,難治性呼吸器疾患の治療成績を向上させることを心がけています。

呼吸器センター(呼吸器内科・呼吸器外科・リウマチ科・臨床研究検査科・病理診断科)スタッフ

対象疾患

社会の高齢化に伴い,近年では呼吸器内科の対象とする疾患が急速に増加しております。主な対象疾患は,呼吸器悪性腫瘍(原発性肺がん,悪性中皮腫),間質性肺炎(特発性間質性肺炎,膠原病関連肺疾患),慢性気道疾患(気管支喘息,慢性閉塞性肺疾患),呼吸器感染症(肺炎,気管支炎,胸膜炎)などです。

診療内容(疾患別治療)

肺がん

肺がんの診断は放射線診断科,呼吸器外科,臨床研究検査科と連携して,EGFR遺伝子変異,ALK遺伝子,KRAS遺伝子変異,BRAF変異遺伝子,ROS1融合遺伝子,RET融合遺伝子,BIM遺伝子多型,Her2異常などの分子病理診断を積極的に取り入れて,分子標的治療薬を適切に用いるプレシジョンメディシンをすすめております。当院はがんゲノム医療連携病院にも指定されており,1度に多数のがん関連遺伝子を検索できる遺伝子パネル検査も積極的に施行しております。肺がん組織の再生検(リバイオプシー)やリキッド・バイオプシーにも積極的に取り組んでおります。

また,免疫チェックポイント阻害剤を適正に使用し,多様な副作用に対応するために院内連携を強化しております。ショートハイドレーション法によるシスプラチン併用化学療法も導入しておりますので,外来治療に移行が可能な方には積極的に外来化学療法を推奨しております。

外科治療,放射線治療,緩和的治療などの集学的治療が必要な肺がん症例は,他の診療科と密に連携して診療を行うことにより, 当院で治療を完結できることも特徴です。より高精度な放射線治療が通院治療でも施行できるように「広島がん高度放射線治療センター・HIPRAC(ハイプラック)」と連携しております。

≫≫単孔式胸腔鏡下肺葉切除術

間質性肺炎

当院は間質性肺炎の症例数が大変多いことが特徴で,全国的にみても有数の専門施設です。間質性肺炎の診断はリウマチ科と綿密に連携して,原因不明の特発性間質性肺炎と膠原病関連肺疾患の鑑別を行っております。特発性間質性肺炎の診断ならびに病型分類は画像診断だけでは困難なことが多く,経気管支肺生検(クライオバイオプシー),気管支肺胞洗浄(BAL),胸腔鏡下肺生検などの検査が必要です。その後,診断に精通した呼吸器専門医,画像診断医,病理診断医による多面的集学的検討(MDD)を行い,より精度の高い早期診断をこころがけております。

特発性肺線維症に対しては,積極的に抗線維化薬(ニンテタニブ,ピルフェニドンなど)を使用した治療を行っております。新規の薬剤の臨床試験などの先進的な医療にも積極的に参加することによって,治療成績を向上させることを心がけております。

膠原病関連肺疾患には,リウマチ科と連携して,ステロイド,免疫抑制剤,生物学的製剤などの薬剤を使用した最適な治療を行っており,さらに整形外科,皮膚科,内分泌・腎臓内科と連携して複雑な全身性病態に対処しています。

慢性閉塞性肺疾患

慢性閉塞性肺炎(COPD)患者は近年急速に増加しておりますが,原因のほとんどが喫煙です。呼吸機能検査やCTで早期にCOPDを発見し,禁煙指導,吸入薬を中心とした薬物療法,運動療法で呼吸機能の改善を目指します。

気管支喘息

当科開設時から,城智彦第17代県立広島病院長を中心として気管支喘息における感作および減感作の機序についての診療と研究を推進してきました。過去に当科で発見,命名された喘息としては,ホヤ喘息(カキや真珠養殖業者に多発する喘息),毛筆喘息(毛筆製造に伴っておきる獣毛による喘息)などが全国に知られております。現在では,吸入ステロイド療法の普及により大部分の気管支喘息患者は気管支喘息発作の予防が可能となり,入院患者は激減しております。難治性喘息に対しては抗体薬(メポリズマブ,ベンラリズマブ,デュピルマブ,オマリズマブ)を使用した治療を行うことによって,気管支喘息のプレシジョンメディシンをすすめることを心がけております。

呼吸器感染症

桑原正雄第21代県立広島病院長を中心として感染症の診療と研究を継続的に推進してきたために,感染症,特に肺炎,気管支炎などの下気道呼吸器感染症の症例数が豊富なことも特色です。呼吸器感染症では,グラム染色やLoop-mediated isothermal amplification(LAMP)法を用いた迅速診断を用いることによって,より正確な原因微生物診断に基づいた適正な治療を行っています。近年,耐性菌による院内感染症が大きな医療問題となる中で,臨床研究科との連携を強化することによって,病棟や外来において感染症サーベイランスを導入して,呼吸器疾患以外の院内感染症の予防と感染対策の啓発にも尽力してきました。さらに,桑原正雄前院長が広島県感染症・疾病管理センター(ひろしまCDC)のセンター長を兼任していることもあり,県立広島病院のみならず広島県全域の感染症医療の体制作りにも尽力しています。

肺炎の予防にも積極的に取り組んでおり,13価結合型肺炎球菌ワクチン(PCV13)と23価肺炎球菌莢膜多糖体型肺炎球菌ワクチン(PPSV23)の2剤接種も行っております。

呼吸器内視鏡診療

近年,呼吸器内視鏡診療は大きな進歩を遂げております。当科では,静脈注射による鎮静を使用することで検査に伴う患者さんの苦痛の軽減につとめています。さらに,診断精度の高い気管支鏡検査を目指して,気管支分岐に対しての枝読み術を駆使しながら,超音波気管支鏡(EBUS)やクライオバイオプシー(凍結生検)といった最先端の検査装置を使用しています。

クライオバイオプシー(凍結生検)

当院では2019年3月に広島県で初めてクライオバイオプシーを導入しました。クライオバイオプシーとは,気管支鏡下にクライオプローブを目的部位まで到達させ,組織を凍らせて採取する新しい方法です。従来の検査法に比べて採取組織を凍結させることで,挫滅の少ない,より大きな組織が多く採取できるために肺がんや間質性肺炎の診断率が高くなります。さらに,肺がんにおけるがんゲノム医療を積極的に行うことができるために,より効果的な治療の選択が可能になります。

病診連携の推進

急速に増加する呼吸器疾患への対応策として,呼吸器内科では病診連携を推進しております。状態の落ち着いている外来患者さんは,地域の“かかりつけ医”へご紹介する場合があります。入院患者さんについては,症状が安定したら回復期治療を得意とする病院などへ転院していただく場合があります。当院と様々な機能持つ病院,診療所がそれぞれの役割,機能を分担し,お互いに連携することによって,呼吸器内科ではより効率的・効果的な医療を提供することを目指しております。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

臨床試験・研究

実地臨床として標準療法を提供すると同時に,最新の治療法や治療薬の開発を目指した臨床研究や臨床試験(治験)も積極的に行っています(2020年3月現在)。

肺がん

  • ●肺がん診療の実態及び治療の有用性を明らかにするための前向き観察研究(CS-Lung-003 STUDY)
  • ●高齢非小細胞肺癌患者の患者満足度に対する 機能評価(Geriatric Assessments)の有用性を検討するクラスターランダム化第3相比較臨床試験(NEJ041/CS-Lung001)
  • ●包括的遺伝子変異検査システム(MINtS)構築研究-NEJSG021A study-(国内多施設共同試験)
  • ●RET融合遺伝子等の低頻度の遺伝子変化陽性肺がんの臨床病理学的,分子生物学的特徴を明らかにするための前向き観察研究
  • ●PI3K/AKT/mTOR経路の遺伝子変異を含む稀な遺伝子異常を有する小細胞肺がんの臨床病理学的,分子生物学的特徴を明らかにするための前向き観察研究
  • ●肺がん免疫療法におけるバイオマーカー探索のための前向き観察研究(LC-SCRUM-Japan不随研究:LC-SCRUM-IBIS)
  • ●Cell free DNAを用いた次世代シーケンサーによるmultiplex遺伝子解析の有効性に関する前向き研究
  • ●食欲不振を呈する進行肺がん患者に対する異なる用量のステロイド療法の有効性と安全性を検討する無作為化第Ⅱ相試験-NJLCG1602/NEJ031-(国内多施設共同試験)
  • ●上皮成長因子受容体(Epidermal Growth Factor Receptor)遺伝子変異陽性・非扁平上皮非小細胞肺がんに対するエルロチニブとカルボプラチン,ペメトレキセド, ベバシズマブ併用療法の第Ⅱ相試験-NEJ035 study-(国内多施設共同第Ⅱ相試験)
  • ●根治照射可能なⅢ期非小細胞肺癌でPS2あるいは高齢者に対する低用量カルボプラチン連日投与と胸部放射線同時併用療法後,デュルバルマブ維持療法の第Ⅱ相試験(NEJ039A)
  • ●EGFR チロシンキナーゼ阻害薬と免疫チェックポイント阻害薬の投与順・ 投与間隔と間質性肺疾患発症リスクの関連を検討する多施設共同後ろ向き観察研究-NEJ040 study-(国内多施設観察研究)
  • ●局所進行期非小細胞肺癌に対するCDDP+S-1併用化学放射線治療後のDurvalumab維持療法(第Ⅱ相試験)
  • ●EGFR 遺伝子変異陽性非小細胞肺癌におけるアファチニブからオシメルチニブへの逐次投与の有効性を評価する多施設共同前向き観察研究(Gio-Tag Japan)
  • ●EGFR遺伝子変異陽性切除不能な進行・再発非扁平上皮非小細胞肺癌患者に対するアテゾリズマブ+ベバシズマブ)カルボプラチン+パクリタキセル(ABCP)療法の多施設共同前向き観察研究
  • ●非小細胞肺癌に対する根治的化学放射線治療後のデュルバルマブ療法における間質性肺炎発症リスク因子の検討

間質性肺炎

  • ●特発性間質性肺炎に対する多施設共同前向き観察研究 JIPS Registry-NEJ030-(国内多施設共同試験)
  • ●特発性間質性肺炎に対する多施設共同前向き観察研究(NEJ030)」集積症例を対象とした,遺伝素因に関連するバイオマーカーの研究(NEJ036A))
  • ●高齢特発性肺線維症患者に対する抗線維化薬の忍容性に関する検討

慢性閉塞性肺疾患・気管支喘息

  • ●日本における閉塞性肺疾患のフェノタイプ及びエンドタイプを評価することを目的とした前向きコホート研究(the TRAIT study)
  • ●高齢難治性喘息患者に対するmepolizumbの有用性と安全性に関する検討
  • ●Mepolizumabで治療効果を得られた難治性喘息患者に対するBenralizumabの有効性に関する検討

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
(予約のある方の後での診療に
 なります)
※診療科によっては受診できない
 場合があります。
 ≫≫手術日の注意[PDF]
 ≫≫外来診療担当医表
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

まちのわループ 301,302

「県病院前」下車徒歩1分