緩和ケア科

このページを印刷する

科の特色

緩和ケアとは,生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者さんが,その人らしく,尊厳をもって,有意義に過ごすことができるように援助していく試みです。身体的な苦痛を軽減するための治療を行うだけでなく,精神的な,スピリチュアルな苦痛などをやわらげ,大切な時間をできる限り快適に過ごしていただけるようお手伝いします。

当院の緩和ケア科は,急性期一般病院かつ,地域がん診療拠点病院に設置されています。一般病院内にあるという利点を活かし,必要に応じて専門的な治療を患者さん,ご家族と相談しながら進めてまいります。治療方法によっては,一時的に一般病棟に転科転棟が必要となることもあります。

緩和ケア病棟入院中の患者さんだけでなく,緩和ケアチームの一員として当院他科に入院中もしくは外来通院中の患者さんとそのご家族の診療支援も行っています。非がんの患者さんにおいても,関連する診療科と協力して支援しています。

診療内容

外来

●緩和ケア病棟入院相談
(住井医師/火・木 9:00~11:00 2枠)

当院の緩和ケア病棟への入院を希望される場合の相談に対応しています。ご家族などが代理で来院される場合は,保険診療とならないため実費扱いとなります。

患者さん,ご家族が緩和ケア病棟について理解されていること,患者さん自身が病気,病状を認識されていること(治らないこと,今の病状と付き合っていかなければならないこと),患者さん自身が緩和ケア病棟への入院を希望されていることが必要です。適切な説明のもとに,受診される方の意志が尊重され,最良の治療やケアが選択されるよう努力しております。患者・ご家族の皆様と緩和ケアの方針に齟齬が生まれないよう,可能な限りご説明に関わる情報についてご提供いただきますようお願い申し上げます。

●緩和医療外来
(市川医師,緩和ケアチームスタッフ/月・水・金 9:00~11:00 1枠)

疼痛・緩和医療外来では,つらい症状への医療提供,精神的サポートなど,緩和ケア病棟への入院以外の緩和ケア全般に関する相談に対応しています。緩和ケアチームは,専任の緩和医療専門医1名,専従の緩和ケア認定看護師1名,緩和薬物認定薬剤師1名を中心に,がん診療医師・精神科医師・心理療法士・MSW・栄養士・理学療法士等で構成されています。当院の緩和ケアのサービスを受けるすべての患者さんとご家族が,快適で質の高い生活を送れるように,緩和ケアを提供しています。また,がんだけではなく,非がんや小児の緩和ケアも積極的に支援しています。

入院

20床ある緩和ケア病棟では,入院での専門的な緩和医療が必要な患者さんに利用していただいています。対象は,悪性腫瘍(がん)とHIV(後天性免疫不全症候群)の患者さんです。

痛みや呼吸困難,倦怠感などの身体的な苦痛だけでなく,不安や抑うつなどの心理的な問題,「なぜ自分だけがこんな辛い思いをするのか?」など実存的な苦痛にも積極的に耳を傾けて問題の解決の糸口を探すようにしています。「あなたらしく生きることを支えます」を理念に,専門的な緩和ケアを必要とする患者・家族を支援するために病棟内カンファレンスや多職種カンファレンスを開催し,チーム全員で複雑な問題への解決策を話し合っています。また,揺らぐ患者さん・家族の思いに寄り添い,在宅療養への支援など意思決定のサポートを行います。

また長期の療養が必要な場合は,地域の他の医療機関や福祉施設と協力しながら緩和ケアを提供して,専門的な緩和ケアを必要とする多くの患者さんが適切な時期に緩和ケアを受けられるように活動しています。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
(予約のある方の後での診療に
 なります)
※診療科によっては受診できない
 場合があります。
 ≫≫手術日の注意[PDF]
 ≫≫外来診療担当医表
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

まちのわループ 301,302

「県病院前」下車徒歩1分