基幹災害拠点病院

このページを印刷する

災害発生時の当院の対応

当院は,基幹災害拠点病院に指定されており,大規模な地震や近隣での災害が発生した場合には,通常診療を中止して災害対応体制をとることがあります。 具体的には,一般外来の中止,予定検査・入院・手術の中止や延期,予告の無い院内における病床の移動,他の医療機関への転院やご自宅への早期退院などをお願いする場合があります。ご理解とご協力をお願いいたします。

災害拠点病院とは

災害拠点病院とは,各都道府県に災害時における医療救護活動の拠点となる病院を設置し,被災現場において応急救護を行う救護所や救急病院,救急診療所等との円滑な連携のもとに,災害時における重症患者の適切な医療を確保することを目的に知事が指定しています。

さらに県立広島病院は,各都道府県に一カ所設置されます基幹災害拠点病院に位置付けられています。

基幹災害拠点病院とは,災害拠点病院の機能に加え,他の災害拠点病院等へ教育・研修を行う役割を持った病院です。

災害時に的確な対応ができるよう,継続的に訓練を実施しています

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
(予約のある方の後での診療に
 なります)
※診療科によっては受診できない
 場合があります。
 ≫≫手術日の注意[PDF]
 ≫≫外来診療担当医表
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

まちのわループ 301,302

「県病院前」下車徒歩1分