がん以外の疾患

このページを印刷する

最新鋭! 血管造影CT複合型装置を導入

血管撮影装置“ArtisQ TA”とCT装置“SOMATOM Definition AS 64”を組み合わせた血管造影CT複合型装置(IVR-CT)を平成27年5月に導入しました。最新型の血管造影とCTの組み合わせによる装置としては国内初となります。これによりIVR(Interventional Radiology)治療の精度が高まります。例えば,肝臓などの病気の治療の際にはCT検査で病気を特定し,血管撮影装置で画像を見ながら薬剤を注入して治療を行います。両装置を組み合わせることで,患者さんが移動することなく,診断と治療を行うことが可能です。

この最新型の装置では,従来よりも高画質・低被ばくでの検査が可能であり,病変や治療に使われる器具を鮮明に映し出すことができ,造影剤の使用量を減らし,腎臓への負担を軽減することができます。

血管や臓器の三次元画像もより鮮明になり,病変への経路を表示するナビゲーションも使用可能です。これらにより,検査時間を短縮でき,更に安全・高度な治療を行うことができます。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分