臨床研修支援室・指導医からのメッセージ

このページを印刷する

臨床研修支援室 研修プログラム責任者
(消化器・乳腺・移植外科 主任部長) 漆原 貴

初期研修医の2年間は,とても大事な時期で,将来どんな医師になるかが決定づけられると言っても過言ではありません。

当院では2年間の初期研修の到達目標を以下のように掲げています。

①まずはPrimary careのできる医師になることです。当院は屋根瓦方式で1年次と2年次が2人1組でwalk inの急患診察にあたります。救急患者の診断計画から治療を自分で考え,患者と家族,医療スタッフの間で十分な会話が行えるcommunication skillを要求されます。Primary careは決して1人で行うのではありません。病院内の多職種との連携をとり,患者firstの診断と治療を行うマネージメント能力を身に着けることができます。

②各科ローテーションにおいて,研修医は,ひとりで患者診察し判断するのではなく,必ず上級医に患者情報を報告連絡相談(ホウレンソウ)することが求められます。患者診察治療について上級医が専門的な知識と考え方を教え,研修で,できた点とできなかった点を評価しフィードバックする体制を整えています。

③医療の現場では,医学的なことはもとより社会人として豊かな人間性を養っていくことも非常に大切です。臨床医学を学ぶだけではなく人として成長できる場を提供していきたいと考えています。特に医療現場ではいろんな困難にぶちあたることもあります。その時に逃げることなく誠実に対応できる医師になってもらいたいです。

以上のように,活躍できる医療現場とバックアップ体制は整っています。ぜひとも当院を研修病院として安心して選んでください。

臨床研修支援室(総合診療科 部長) 宮本 真樹

当院では,2年間の初期臨床研修後にどのような道に進むにしても,その根幹となるプライマリ・ケアがしっかりと実践できる医師となれるように,プログラムを組んでおります。また救急にも適切に対応できるように麻酔科,救命救急センターなどの研修にも力を入れています。

1年次は内科系を合計6か月,選択必修を3か月,麻酔科と救命救急科を3か月としています。平成28年度から,6か月ある内科研修の中で,プライマリ・ケアを行う1か月半の総合診療科の研修を必須としました。

2年次は,自由選択枠が11か月,地域研修1か月となっており,厚生労働省が定めた初期臨床研修の中で,最も自由選択枠の期間が長い自由度の高いプログラムとしています。学生時代から将来の進路を決めている人にも,研修の中で将来の選択科を決める人にも,フレキシブルに対応しやすいと好評です。

もしも研修の中で悩みなどが生じた場合には,当センターのスタッフを中心に親身に対応させていただきます。各科には,臨床指導に熱心な指導医の先生がそろっています。当直などにおいて,2年次の研修医が,1年次の研修医を指導する屋根瓦方式の指導体制が定着しています。

縁あって当院で初期臨床研修を行い,大きく成長してくれる姿を毎年,目の当たりにし,研修支援センターの一人として大変うれしく思っております。

「県民に愛され,信頼される病院」をモットーにしている県立広島病院は,あなたの応募をお待ちしています。

臨床研修支援室(新生児科 主任部長) 福原 里恵

『これから初期研修を志す皆さんへ』

皆さんは,初期研修でどんなことを学び,どんな医師になろうと考えておられますか?

今はまだ漠然とした思いの人から,既に心に決めている人まで様々だと思います。実は,将来の診療科を決めたり,なりたい医師像を具体的にするためには,ロールモデルとなる先輩医師との出会いが大きく影響します。

これからは,社会人としての責任と自覚が必要であることはもちろんですが,医師とは,患者さんの生命と人生をも請け負う仕事なので,当然その責任は重く,厳しい指導も受けることになります。しかし,指導医は,自分がこれまで得た知識や技術,医師としての考え方を伝えたいという熱い思いを持っており,その思いに触れることが,なりたい医師像を見つけるきっかけになるでしょう。

また,当院では,バリバリキャリアを積んでいる人から,結婚,妊娠,出産,子育て中など色々な段階で働いている女性医師まで多くいます。多様性のある働き方を見たり,その体験談を聞くことで将来の自分を想像することもできるでしょう。多様性のある働き方やチームとしてお互いに協力しながら安心できる医療を提供する体制を作っていくことは,女性医師のためだけではありません。男性医師にも必要なことだと思います。

県立広島病院は,急性期病院でありながらも,退院後を支える部分にまで細やかに配慮する病院だと思います。医師数もコメディカルスタッフ数も多いのですが,職員同士の連携にも温かみがあります。

このような環境のもとで,あなたがなりたい医師像を見つけるために,当院で初期研修を受けてみませんか? ぜひ一緒に働きましょう。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分