臨床研修センター長からのメッセージ

このページを印刷する

臨床研修センター長(副院長・麻酔科主任部長) 中尾 三和子

県立広島病院では,2016年にそれまでの「臨床研修部」から「臨床研修センター」に改編し,臨床研修業務の機能強化を図りました。新専門医制度をはじめ,大学における臨床実習の見直しなど,日本の医師研修・医学教育が大きな転換期を迎える今,それに対応できる十分な体制を整えるためです。

臨床研修センターは,医科初期臨床研修,後期臨床研修,歯科医師臨床研修,新専門医制度等推進の各部会を統括し,当院の臨床研修全体を高いレベルに引き上げ,優れた人材の育成を目指しています。

初期臨床研修医に対してメンターの役割を担うのは臨床研修支援室です。研修中の悩みや進路相談,健康管理などの支援を行うほか,研修環境の整備や各種プログラムの策定に関わっています。また,各診療科の指導医からなる臨床研修ワーキンググループは,臨床研修の現場で起こる数々の問題に対応し,解決策を協議して研修を実りあるものにする実動部隊です。

後期臨床研修は各診療科単独コースと複数科ローテートコースがあります。期間は初期臨床研修終了後3年間。後者の場合は,一定期間の地域医療支援と救命救急センター研修が必修となります。

新専門医制度が始まると,当院は総合診療科,内科,救急科の3基本領域において研修基幹施設となります。また,全ての診療科が大学病院の研修連携施設となっています。

このように,当院は初期臨床研修から後期臨床研修,専門医へと続く長い道のりを切れ目なく支援する体制を整えています。41の診療科と9の診療センターをもつ総合病院ですから,将来進もうと考えている診療科で研修ができます。

また,多くの女性医師が働いていますが,その勤務形態は一律ではありません。男性,女性に関わらず,働き方のロールモデルとなる医師が必ずいます。

学び,考え,問い,また学ぶ。

計画(plan)を立て,実行(do)し,評価(check)して,改善(action)する。

医療従事者として必須ともいうべきこれらの能力が,研修中に自然と身に付くような研修を実行します。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分