看護部の紹介

このページを印刷する


副看護部長紹介

濱渦 恵美子

はまうず えみこ

副看護部長

看護師一人一人が持てる力を十二分に発揮することで,県立広島病院が県の基幹病院として,より質の高い医療を提供し,県民の皆様に愛される病院となります。そのために,看護部職員一丸となって努力をしていきたいと思います。

宮迫 千鶴

みやさこ ちづる

副看護部長

看護という仕事は,社会における役割も重要で,専門の知識・技術を生かせて,やりがいのある一生の職業です。当院では,一人ひとりが組織・地域に貢献しています。

看護部の理念を実践し,皆様に愛される信頼される病院,働き続けられる病院であるために,療養・職場環境を整え,質の改善や保証に努力しています。

迫井 敏美

さこい としみ

副センター長
(兼)副看護部長

地域連携センターは,社会の変化にいち早く対応し,患者さんが最善の医療を受け早期に住まいへ戻るための役割を担っています。

様々な職種のスタッフとともに地域の医療機関や福祉介護機関との連携をはかり,患者さんが安心して療養できる場を提供することを心がけています。

木坂 直子

きさか なおこ

副看護部長

私たち看護部は,高度急性期医療を担うチームの一員として,質の高い看護を提供するため,教育ラダーを充実させ,人材育成に努めています。

専門職業人として,自ら学び,共に成長し合える環境を作り,看護職一人ひとりの持てる力を最大限発揮し,活き活きと働き続けられるよう支援しています。

有田 紀子

ありた のりこ

副看護部長

病床管理を担当しております有田です。外来・病棟と連携し適切なベッドコントロールを行い,入退院をスムーズにすることにより,患者さんが安心して入院治療を受けられるよう,患者サービスの向上を目指しています。そのことにより,病院経営の安定に繋げでいきたいと思います。

品川 恵己

しながわ えみ

副看護部長

専従の医療安全管理者を担当しています。

「安全で安心できる医療を受けたい」「早く健康を回復したい」という患者さんの願いは,「安全かつ良質な医療を提供したい」という医療者の願いと共通しています。

医療安全推進の要として,事故につながる可能性のある事象など広くモニターし,調査・分析の結果をフィードバックして教育やシステム改善につなげていきたいと考えております。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分