このページを印刷する

大原 慎也おおはら しんや

部長

専門

泌尿器科一般
泌尿器腹腔鏡手術
尿路悪性腫瘍

資格・その他

日本泌尿器科学会指導医・専門医
日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
医学博士

泌尿器腫瘍に対する腹腔鏡手術

泌尿器全般の診療に加えて主に泌尿器腫瘍に対する診断,治療,腹腔鏡手術を専門としています。社会の高齢化に伴って泌尿器がんの罹患率は高くなり,年々手術件数の増加がみられております。

尿路系腫瘍は早期には症状が乏しく血液検査や各種画像診断,内視鏡検査など,幅広い検査を行うことによりがんの早期発見,正確な診断,早期治療に努めております。手術治療においては腹腔鏡手術を積極的に行っております。

腹腔鏡手術はおなかの中の空間にカメラを入れて行う手術で,泌尿器科領域の臓器(腎,副腎,膀胱,前立腺)は後腹膜(お腹の後ろ側)にあるため従来の開腹術では大きな皮膚切開が必要でしたが,傷が小さいことから術後の痛みは少なく,術後早期に歩行が可能で,ご高齢の方でも手術後の回復は非常に早い手術です。

腎癌,腎盂尿管癌,前立腺癌,膀胱癌,副腎内分泌腫瘍の多くは腹腔鏡手術が可能です。手術の低侵襲性を追求し,負担の少ない腹腔鏡下手術を駆使して患者さんに優しく,満足していただける医療を提供していきたいと考えております。