日髙 貴之

このページを印刷する

日髙 貴之ひだか たかゆき

循環器内科部長
(兼)臨床研究検査科部長

専門

心不全
心臓弁膜症
心筋症
心臓超音波検査
心臓リハビリテーション

資格・その他

日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
日本超音波医学会認定超音波指導医・専門医
SHD心エコー図認定医
心臓リハビリテーション指導士
AHA ACLS/BLSインストラクター
臨床研修指導医養成講習会修了

ウィズ心不全の時代に挑む!

近年,人口高齢化に伴い心不全患者数は増加しており,所謂,心不全パンデミックが到来しています。社会または個人として心不全と共存せざるを得ない状況になっています。

心不全は,高血圧,糖代謝異常,肥満といった生活習慣病を基盤として発生する心疾患による心ポンプ機能の障害に対する代償機転が破綻した結果,労作時息切れや浮腫を始めとし,めまい・ふらつき・認知機能障害,食思不振・便秘・腹痛,腎機能悪化,サルコペニア,低栄養といった症状障害を呈する全身性疾患です。未だ予後不良である慢性進行性致死性疾患であると言えます。

よって,心不全は,生活習慣の是正,基礎疾患への適切な介入,心不全の適切な評価と介入,心不全に全身性併存状態の改善,終末期における緩和ケアの導入といった包括的かつ継続的な治療介入を必要とする病態です。

そこで,Shared care,心不全に対する適切な包括的介入,心肺運動負荷試験・心エコー図検査・心臓カテーテル検査などによる評価を駆使して,生命予後改善のみならず,患者さんが心不全と共存しながら満足度の高い生活を送ることができるよう支援します。息切れ・浮腫などの心不全症状が難治性,フレイルが進行する患者さんがあれば,是非,一度ご相談ください。

心エコー図検査で紐解く!

日本超音波医学会超音波指導医・日本心エコー図学会SHD心エコー図認定医の資格に基づいて心エコー図検査を実施します。

心エコー図検査は,低侵襲かつ簡便で心疾患の評価において極めて有用なツールです。一方,近年,知見の蓄積と新技術の導入により,心疾患への新たなアプローチが行えるようになりました。

①負荷心エコー図検査(運動,薬物)

虚血性心疾患の診断に有用です。診断制度は,運動負荷心電図よりも高く,心筋シンチグラフィと同等で,心筋シンチグラフィと比較し安価です。また,安静時うっ血所見の明確でない左室駆出率の保持された心不全(HFpEF)の診断に必須となっています。弁膜症の重症度診断にも用いています。

②経食道心エコー図検査

3D心エコー図を用いた評価によって,より詳細に弁形態・性状・重症度を評価することができます。

③心筋症

近年,心アミロイドーシスに対する治療薬の保険適応や,Onco-Cardiologyへの注目の高まりにより,心筋障害の早期発見のためのツールとして心エコー図検査の重要性が再認識されています。