手術室

このページを印刷する

手術・麻酔部門基本方針

1. 患者を中心とした医療を念頭に置き行動する。

2. 患者・家族との信頼関係を深め,思いやりのある医療サービスを提供する。

3. 安全で質の高い手術医療,看護を実践する。

4. 各科,他部門の専門性を発揮したチーム医療を展開する。

当院の手術室はこれらの基本方針をもって安心,安全な手術を目指しています。

手術室概要

手術室は11室(クリーンルームを含む)と小線源室があり,入院・外来手術および緊急手術に対応しています。手術件数は年間約6,600件(その内 麻酔科管理件数は約4,600件)で,近年は低侵襲手術,内視鏡手術も増加しています。また当院は救命救急センター,脳心臓血管センター,総合周産期医療センター,成育医療センターなどの診療センターがあり,これらの部署と連携し手術を行っています。

チーム医療

手術室では麻酔科医12名,看護師42名,臨床工学技士4名(手術室担当),薬剤師1名,クラーク2名,委託技術員と共に日々の手術に対応しています。手術室看護師は日当直体制を取り,夜間,休日も緊急手術の迅速な対応に努めています。県の災害基幹病院としてまたドクターヘリ・ホットラインによる迅速な急患対応をするため救急外来との連携に取り組んでいます。

患者さんを中心とした医療

手術室で働く多職種間のコミュニケーションを大切にし,手術前に安全チェックリストを活用することで患者さんと手術部位確認を行い,またアレルギーなどの患者さんの情報の共有を行い医療安全に取り組んでいます。

安心かつ安全な手術を目指し患者さんの状況を把握するために,手術の前には麻酔科医と看護師が術前外来や術前訪問を行っています。手術に際してはご質問やご要望がありましたらご相談ください。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分